テーマ:

母がいない夢

母の仕事のうちで  50歳を超える頃から80歳までは 多くが着物関連のものだった。 20畳の和室ででよく仕事をしていた。 いつも数人の人が出入りしていた。 夢の中のはなし ある日 私は一人で母の仕事部屋にいた。 いつもはきれいに整頓してあるその部屋が 散らかっていた。畳に物が散…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

また亡くなった母が夢にでてきた。

夢の中は とてもうるさくて 紡績工場 ? 機織り工場?のような ところで母と立ち話をしていた。しかし とても工場の音が大きく  母と話しをしても 何を言っているのかわからない。 そんなところで 目が覚めた。次の日が月命日。 呼ばれているような気がして 6月4日にお墓参りに行った。 そこで 話せたかと言うと …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

亡くなった母が遊びに来た。

山登りをした翌日 ソファで横になっていると 外で 母の声。 私の名前を 呼んでいる。 あわてて 玄関の戸を開けたら 門のところに母がいて  入ってくるところだった。大島か着物を着たいつもの母だった。 「迎えにいったのに」と 私 言いながら 招き入れた。 その日は朝 寒かったから ソファのある部屋にストーブが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

記録

母がまだ元気なころ PCを使ってメールしていました。 その一部をここに残しておきます。 最初は79歳のときのものです。 Thursday, August 16, 2001 もう一度やってみます。 Monday, Augus…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

母の日

母が亡くなって初めての母の日だった。 本当に寂しいと思った。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

準備

母が亡くなり 介護で実家に行くことがなくなりました。 今、土曜日曜びっしり仕事をしています。 そう 毎日しごと。 ボランティアと言ったほうがあっています。 収入にならないからね。 母は商才に長けていましたが 娘の私はまったくだめです。 商売が下手。{%パー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

覚書 涙がでない。

私が翌日実家に帰った時 母はいつもいた部屋ではなく 別棟の広い部屋に安置されていました。 下の兄がすでに来ていて上の兄を手伝っていました。 3人そろったところで 葬儀屋さんとの打ち合わせ。 母の葬儀は父の時にお願いしたところに頼みました。 その葬儀屋さんの初動の悪さに上の兄が怒り 声を荒げることも …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

覚書 母が亡くなりました。

前回のブログ あした続きを書きます で終わりましたが あのときは翌日書けると思ったのです。 早朝 兄からの電話。 母が危ないので病院に呼ばれました。 夫が運転する車で高速道路を飛ばし 1時間半後に病院に着きました。 しばらくして下の兄も義姉と車で到着。 (私の家より遠い) IC…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いやだいやだ病

仕事 つまんなくなって  うまくいかなくて 辞めたい病がうずきだした。 赤字の仕事をしていると ほとんど毎日辞めたいなと思う時間があります。 今日はプラス いやだいやだ病 何をしたらよいかわからなくなった。 自分が甘ったれているのはよくわかる。 {%表情ふぅdeka…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

意外なこと

私は 母の介護に行っていたほうが楽。 このあいだ 実家に母の在宅介護でへ行ったとき  訪問看護師さんに 「介護でここに来ないときは 楽でしょう。」 って言われまして はっと思いました。 今まで日曜日に母の介護があるので 7年近くお休みにしていた日曜営…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呼吸器

母の呼吸は 日中は機械で強制的に送り込まれず  酸素の吹き流しのみで 自力呼吸をしています。 夜間 付き添う我々が眠るとき 母は呼吸器をつけます。 寝入ってしまうので異常に気がつかないと危ないから。 意識はないのです。 大きな音には反応はします。 気管が切開され声はでません。 目は開いていますが見えていないようです。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

記録と夢

更新しない日が続きましたが 特別何かがあったわけではありません。 普通のノートに日記を書き始めエネルギーを取られました。 1日おきに日本語と簡単な英語で書き分けて1カ月経ちました。 まだおもしろく続いています。 ブログに残したいことがあり 久しぶりにここに書きます。 書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

記録

思わぬところでJリーガーに遭遇! 写真を一緒にお願いしたら  こころよく OKを頂きました。 姪の結婚式に夫婦で参列しました。 仲のよい夫婦を演じてきました。 下の娘が海外へ。 前は3年で帰ってきましたが 今回はいつ戻るかわかりません。 胸の奥のほうが痛いです。 私が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

こんなときのために

夜中の1時  今日は寝るのがちょっと遅くなったかなと思いながら 二階に上がると 1時間ほど前に寝たはずの夫が 布団の上に座り体中を掻いていた。 ダニか何かに刺されたのか かぶれたのか 体中が赤く あちこちが腫れ上がっていた。              わからないので とりあえず お風呂…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ふぅ~~~ん

母87歳。 母は意識がない。在宅介護。 8月、兄たちの介護の都合がうまく合わなくなり また、上の兄は母の脳の検査を希望し 母は3週間入院となりました。 意識はないけれど  脳や神経の機能がまだ働くところを探し リハリビをし 少しでも回復させたい上の兄の想い。 今までも 母によいと思われることを  兄は随分積極的にし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いさかい

宇宙人とではなく  母の介護で 上の兄と口論となりました。 今週月曜の朝 62歳の兄は 私がする母の介護が ちゃんとしていないと 強い口調で注意してきました。 「そんなに言うならもう介護はしないから」 の捨て台詞を残して私は実家から帰ってきました。 やりきれない思いです。 母は87歳。 80歳の頃から痴…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

におい

土曜日は ほとんどお客さんは来ないのです。 ぼーと仕事をしていたら 見慣れない人がドアに立っていました。 「こちらのパンフレットをください。」と言う。 パンフレットを下さいという人はあまりいなくて珍しい。 うん・・・・・?同業者のにおい?好きじゃないこのにおい。 こんなにすいているのに 「今はいっぱいで新規のお客さん…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

足利の藤を見てきました。 大藤は まだ ちょっと 早かったです。 のどかな風景 帰りに 母の入院している病院へ寄ってきました。 声をかけると 目を私の方に向けてきます。 反射かもしれませんが うれしかったです。 先日 母の夢をみました。 電車に乗ったら隣に母が座っていて 東京から帰るところ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

耳かき

昨日の日曜日 母のいる病院へお見舞いに行ってきました。 植物状態の母です。 小さな小さな母です。 前回アンママさんからコメントを頂き そのなかに 耳かきのことが書かれていました。 早速 私も 母の耳かきをしてきました。 顔や首は 看護婦さんがきれいにしてくれますが 耳の中は 忘れられていたようで 耳掃除は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2月半ば 母は 気管と胃に管を付けて 退院をしたのですが 家に帰って三日後に急変。 心肺停止状態に。 蘇生で心臓は動き出しましたが 脳にはダメージが残り 意識は戻りません。 その二日後 仕事中に上の兄から電話をもらいました。 医者から  次に急変したときに 蘇生措置をとるか とらないか 家族で決めておくように。…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

わかる

こんなときのために  言いたいことは我慢して 穏やかな顔で暮らすのだと感じました。 入院中の母が急変。 土曜日 宇宙人に仕事を頼んで  母の病院に急ぎました。 どうしても午後は予約しているお客を ことわれなくて 店 閉められなくて 宇宙人に仕事の手順を説明し 店番を頼みました。 宇宙人は特別な用事がなく  しっか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ふた

母の入院 仕事の行き詰まり 預かっている猫が再び家出、1週間姿を見ていません。 両膝の痛み いつもなら聞き流していられる宇宙人の言葉にくってかかる自分。 冷静でいられなくて 閉じていたふたが開きそうです。 ふたが開いて宇宙人に 毒のあるとげのある言葉を吐き続けても なにも改善されず 私自身がもっと深く落ち込むことは …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

母の寝息を聞きながら

実家にいます。母のベッドの横て゛書いています。母の機嫌はあまりよくないです。今晩寝かせてくれますように。 結婚記念日は花を買って飾りました。前に百合の花が飾ってありましたから花が増えてもあまり変化はなかった。小さなケーキをふたつ買って密かに祝いました。宇宙人は何も知らずにケーキを食べたようです。わかっていたとしても何も言わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10倍ブルー

のんきにやってきましたが ここにきて 出来ない仕事を引き受けてしまった。 引き受ける前に 丁重に 丁重に 何回も 何回も 断った。断った。コトワッタヨ! しかし 相手方が どうしても頼むという。 かなり わたしのとこ つかいかたによっちゃぁ~便利よ。 格安ね。しかしセキニン取らないよ! 出来ない仕事をこなすためここ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わたしだよ。

認知症の母が 私を デイサービスの人だと思ってしゃべってきた。 表情も いつも私を見る表情とちがう。 言葉使いがちがう。 私を娘と思っていない。 「わたしだよ hiromiだよ」 と言っても しばらく 不思議そうな顔をする。 ちょっとショックだった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時間があると悩む。

孫の用事と仕事の都合で 母の介護を 2回続けて休ませてもらっています。  母はショートステイとなりました。 兄から ショートステイをお願いしている施設はとても 親切で よいところと聞いていますが 自分が介護へ行かないことで罪悪感を感じています。 もし、もし、以前の母なら 「いいよ、こっちに来なくても、hiromiちゃん…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

最近 読んだ本は 「西の魔女が死んだ」 梨木 香歩著  新潮文庫        興味がなかったのですが  「いきいき」という雑誌に紹介されていて 急に読みたくなり購入し 読みました。 映画がこの週末から上映されるらしく  PVがテレビでも流れています。 主人公が少女なので 私にはもう過ぎた話かと 思っていました・…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

母のこと

週に一泊の母の介護は続いています。 ある日の昼食です。 焼まんじゅう 登利平の鳥めし弁当 (母のため鶏肉を小さく刻んでみますが母は味のシミたご飯が好き) すいか 先日実家に介護で行ったとき  夜 私が寝ていたら 母が私のそばにやってきて (ガラス戸越しの隣の広い部屋で 母は寝ていたのですが) 「ここで寝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一人で遊びに行ってきました。

日曜日から 月曜日にかけて いつもは 実家の母の介護ですが  下の兄の都合で 4月20日は行かなくてよくなったのです。 めったにない 何も予定がない日曜日!!! 秩父の 羊山公園へ芝桜の絨毯を見てきました! 一人で  まだ 少し早くて 絨毯は未完成の状態でしたが いままで このような花を見たことがなかったので 一…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more