転倒 打撲

3月20日(水)
お彼岸で夫の実家の千葉のお墓をきれいにした。
家の裏庭に積んであったゆずの木の枯れ枝を束にしたり
袋に入れたりして片付け 大きなごみ袋7つを車に積んで
帰る間際
玄関で転倒。

夫より先に出ようとして 両手に荷物を持ったまま
一段下がったところに足が降りるとき 体が右側から
倒れた。敷物のヘリが滑った。
額の右側を玄関のたたきにぶつけ その上の頭のところを
ドアの支柱にぶつけ 右ひじ 右肩が体の下になり
たたきに打ち付けた。
上に自分の重い体重が乗り
しばらく動けなかった。
頭を打っていたので慎重に起きて
夫に冷蔵庫から保冷剤を持ってきてもらい
すぐに冷やした。

谷川岳に行って転倒した時のことを思い出した。
段差のあるところで 二つのことを同時にしたら
危ないのだ。山ではいつも注意していたのに
家の中で やってしまった。

運転は夫に任せて 助手席で 額と頭を冷やした。
右ひじは 細長いアイスノンをセーターの袖の
下に入れて冷やした。

家に着き 頭を打っているので お風呂には入らず
額と頭と右ひじに 保冷剤を当てて寝た。

今日 痛みはあるけれど 大丈夫のようだ。
月曜の池袋の卓球のレッスンはキャンセルした。
しばらく静かにする。

パソコンは打てるから大丈夫。

私になにかあったら 猫たちが困るからね。

画像


後記
22日 いつもの卓球教室の日 大丈夫な感じがして
練習に参加。
肩の痛みは 転倒しての痛みか 卓球の練習で
起きた痛みか わからない。両方かと思う。
腕を高く上げず 力を抜いたフォームで練習をした。
転倒のことは 誰にも言わなかった。

この記事へのコメント