新顔 保護猫 すめちゃん

5月13日真夜中 目が覚めてスマホを見たら猫友さんから
伝言が入っていた。

お腹の大きい小さめなメスの野良猫を捕獲した。
腹水か妊娠かわからない。
獣医に運んでもらえないかという内容だった。

いつも頼んでいる越谷の野良猫専門の獣医さんに
メールし手術の予約を入れた 午前2時ころ。
いつも金曜土曜が手術日で次の金曜日まで
手術できないかと思っていたら

朝7時 返信がきて その日の9時までに連れていくことに
なり 8時に猫友さんのところに 猫を取りにいった。

小さいけれど反抗的な態度は前回のオス猫2匹に
負けないぐらい。
手術のため洗濯ネットに入れる際は威嚇してきて
私の手は恐怖で震えた。

前回の経験を活かして1回でネットに入れた。しかし
取り外しのできるケージの扉までネットに入ってしまい
ネットから扉を出すと一緒に猫が出そうでそのまま
ネットの口をキチキチにひもでしばった。
おしっこもしてくれたけれど 前回大人のオス猫2匹と
違って臭くない。オスとメスは違うんだと思った。

すぐに越谷の獣医さんのところに運んだ。

獣医さんから
「○○さん(私の苗字) 真夜中に活動しているの?」
と 聞かれた。
イヤイヤ 今回 真夜中に猫友さんからの伝言を
聞いて 早く獣医さんの予約を取りたかったと
答えた。


お迎えは夜7時半。
大雨警報の出ている中 お迎えに行き 冠水した道路を
そろそろと車を走らせ帰ってきた。
術日の夜は水 餌は誤飲するから与えない。
持ち運びのケージでお泊り。
シャーシャー威嚇はしてくる。

お腹の大きい理由は妊娠だった。
まだ8か月くらいの子供の猫で出産しても
大変だったろうと思う。
堕胎手術となりプラス1000円。
避妊手術4000円 
ワクチン1000円 
耳ダニノミ回虫対策1000円
消費税560円
計 7560円
オス猫2匹の前回と今回は猫友さんが支払った。

野良猫は懐きにくい。
術後2日目は大きなケージに入れた。
小さい猫トイレと今まで入っていたケージごと入れてみた。
水 餌 置いてこたつカバーをかけてそっとしておいた。

なかなか食べなくて心配したけれど空腹に耐えかねて
食べてくれるようになった。
シャーシャー言いながら ケージの外から差し込んだ
ちゅ~るをなめる。

23日 ケージから出す。他の5匹の猫は追いかけることなく
様子見だった。

名前がないと不便なので
すめちゃん
と 名付けた。
猫友さんが
娘っ子と呼んでいてむすめの「すめ」を取った。

気長に慣れてくるのを待ち 
餌はすめちゃん用に置く場所を他の猫から離した。
まだ子供だから食欲はあると思うので大盛。

触るところまで慣れていない。
前にいた4匹の猫を保護していた経験で
無理しないで見守っていこうと思う。
抱っこの練習がうまくできるようになったら
里親さんを探す。

これを書いているあいだ 後ろをうろうろ歩いている。
画像

   すめちゃん




アイリスオーヤマ ペットケージ ホワイト 2段 (93×63×121cm) PEC-902
アイリスオーヤマ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アイリスオーヤマ ペットケージ ホワイト 2段 (93×63×121cm) PEC-902 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント