蕎麦粒山に登る。

7月7日(月) 蕎麦粒山 登山 

東京都と埼玉県の都県境にあり 山のてっぺんが 尖っていて 
遠くから見ると蕎麦の粒の 形に似ているらしい。
        
雨が時々降り 曇っていて 霧が流れて景色は
楽しめませんでしたが涼しくてよかった。森林の中を歩きたいと思い
参加したので これでよしです。私は雨女かもしれない。

参加は女性10名 男性4名全員中高年
そして山ガイドさんとツアーガイドさんの総勢16名。

飯能市から名栗湖を通って奥に入っていく。
今回 有間峠(1130m)までの道が狭くマイクロバス利用。
林道で倒れた木が行く手を塞ぎ 山ガイドさん のこぎり持って
外に出て 倒れた木を切っていました。のこぎりは山ガイドさんの
必需品だそうです。

有間峠でバスを降りそこから歩きます。その先車両通行止め。
時折雨が降るので雨具は下を着用とガイドさんから指示される。
画像

10時25分 準備運動の後 スタート。
10時45分 第3登山口から入る。ここの標識は地面にホイと
        置いてあるかのよう。注意しないと気がつかない。
画像


かわいい花が出迎えてくれました。
画像


急な階段をひたすら上がります。

11時5分 見晴らしの良いはずの鉄塔で休憩。霧でまったく見えない。

11時35分 オハヤシの頭 で 休憩。

歩きやすい空が開けている防火帯を行く。 

12時5分 桂谷ノ峰(1380m) で 昼食
        蕎麦粒山山頂は狭いのでここでランチタイム。

12時30分出発
      急な下り坂が終わると急な上り坂
      根っこ 岩 などで 足場が悪い。

12時55分 蕎麦粒山 到着
画像

13時5分 山頂から 下山。 来た道を戻る。

道は濡れていて滑りやすく 気を付けた。

防火帯のところは なだらかで写真が撮れる。霧
画像

14時5分 オハヤシの頭を過ぎたところで休憩。
銀嶺草を見つける。白い頭だけ枯れ葉の中から
のぞかせていた。写真を撮った後また枯れ葉をかぶせた。
幽霊花というけれど きのこの仲間。白く清楚な感じ。
画像


14時55分 第3登山口到着。

15時10分 有間峠到着。

この後 日帰り温泉「さわらびの湯」に寄って汗を流す。
リンク↓
http://sawarabino-yu.jp/

着替えてさっぱりし 帰りのバスで 爆睡。

今回 難易度が私にはぴったりでとてもよかった。
急な斜面のアップダウンあっても およそ30分に1回休憩が入り
限りなく初級に近い入門コース?

3000m級の山を登っている人も訓練で参加していて
お話いろいろ聞けておもしろかった。

隣りに座った70歳過ぎた女性 4月から もう10回は登山していて
そのペースで今までずっと登山してきたようで 持っている用具が
多くを物語っていました。この女性 ときどき 転ぶのですが
さらっと ふわっと 転び 怪我しないのです。
山ガイドさん ツアーガイドさん 年配者が多いツアーに
慣れているのか 気配り上手で優しくて明るい人たちでした。

なかなかうまく山に行く予定を組めないのですが
次は どこに行こうかネットで探しています。
こんな時間が楽し。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント